「わからない」「間違える」ことは悪いことじゃない。
 そう考えることが難しい、今どきの学習環境。

わたしたち大人の世界でも「失敗を恐れていては成長できない」
ということはよく言われます。経験こそが、「今、自分に何が
必要なのか」ということを気づかせてくれる良い機会。ただし、
実際のところ、子どもたちに限らず、私たちの多くは失敗を恐れ、
時には行動を起こすことをためらい、嫌がる一面を持っています。

人は「本能的に」勝ち負けを意識し、身の危険から自分を守ります。
これは実際の生命の危険だけでなく、定期テストの点数や受験による
競争(私たち大人で言えば仕事上でのプレッシャーでしょうか)でも
同じことなのです。

学習に対して違和感、嫌悪感を持っている生徒さんの中には、
「失敗するんじゃないか?」「人と比較されるんじゃないか?」
というネガティブなイメージを持っているかたが少なくありません。

ただしお気づきの通り、本来学習とは「勝ち負け」「競争」ではなく、
もっとパーソナルなものであり、「知的な楽しみ」を持つものなのです。

学習の効果を上げるために必要なのは「まず、何をすればよいのか」
をハッキリさせて、行動に移すハードルを下げること。

もうひとつ、生徒さんが前向きに学習に向かえない理由として、
「(本当は)具体的に何をやったらいいのかわからない」ことが
あげられます。「○○の範囲を必ず覚えること」と言われること
はあっても、「どう覚えるのか」や、「そもそも問題で出されて
正解できるくらい理解するには、どう学習すればよいのか」を、
教わる機会というのは、そう多くはありません。

えいごやでは、「知覚カウンセリング」という、ひとり一人の
課題に対して、より客観的、具体的な解決策を見いだす方法論を
確立しています。

「知覚カウンセリング」とは


具体的な解決策がわかれば怖いものはありません。
経験豊富な講師が、行動に移すためにしっかりと個別サポートします。

子どもの頃から誰もが持っている衝動、
「できるようになったことを誰かに話したい!」を引き出す。

「見て見て!こんなことができるようになったよ!」と、誰かに
話したくてしかたがない。それはごく自然な衝動です。小さな頃
は誰もが持っていた気持ちです。それが承認されると、次はもっと
新しいことに挑戦したくなる。それこそが本質的な「動機づけ」
であり、それは「勝ち負け」や「競争」から引き出されるよりも、
強いもので、かつ学習に対してオープンで前向きな気持ちを引き出し
てくれるものなのです。

もし、生徒さんが学習に対して前向きになりきれていないと感じられて
いるのなら、無理矢理なやる気ではなく「自信の持てる経験」を重視すべきです。

「失敗しても大丈夫、こうやってみたら自分の成長につながるよ!」
生活面はご家庭で、学習面はえいごやで、そんなチームワークを提案します。



大人へのステップを登る大切な時期。
生徒さん自身も「自分なりのこだわり」とともに、
不安なことがいっぱい、というのが本当のところではないでしょうか?
そんな時に、「大丈夫、やってみて! 結果がどうあれ一緒に考えるから」と
受け止めてくれる大人やプロフェッショナルは、生徒さんの成長には重要な存在です。
「生活面(安全、健康、倫理的なもの)」の指導はご家庭でこそ必要なもの。
「学習面(社会的、外部的なもの)」はえいごやが、力を発揮します。

生徒さんの充実した学生生活をご家庭と連携して支えます。
ぜひ、保護者のかたのお話もうかがわせてください。
まずはお気軽にご連絡ください。



湘南台、戸塚、辻堂の3教室とも、体験カウンセリング(無料)や、
教室見学を随時、受け付けております。

0466-46-12350466-46-1235